• photo
  • photo
  • photo
  • photo

静岡大学アジアブリッジプログラム

静岡大学のアジアブリッジプログラム(ABP)とは、学士課程ではアジア4か国(インド、インドネシア、タイ、ベトナム)の外国人留学生を対象として、対象国の現地および日本国内における入試選抜に合格した留学生に提供されるユニークなプログラムです。入学後は、「アジアブリッジプログラム(ABP)人材育成コース」の学生として、半年間の基礎教育(ABP基礎日本語、ABP基礎科目)を経て、志望学部の学士課程で日本人学生と共に学びます。
修士課程では、対象となるアジア16か国からの学生が、全科目英語のみで提供されるABPプログラムに基づいて、情報学専攻、理学専攻、工学専攻、農学専攻のいずれかに所属し、学位を取得することが出来ます。
また、日本人学生には、学士課程においてABP副専攻プログラムを履修することで、海外企業研修を含めたアジアグローバル人材としての教育を受け、副専攻修了証を取得することが出来ます。

ABPについて

pagetop

静岡大学アジアブリッジプログラム(ABP) 〒422-8529 静岡県静岡市駿河区大谷836
静岡大学グローバル企画推進室 E-mail / global@adb.shizuoka.ac.jp 静岡大学ホームページはこちら

お問い合わせ

Copyright © Shizuoka University, All rights reserved.

Copyright © Shizuoka University, All rights reserved.

pagetop

静岡大学アジアブリッジプログラム(ABP) 〒422-8017 静岡県静岡市駿河区大谷836
静岡大学グローバル企画推進室 E-mail / kglobal@ipc.shizuoka.ac.jp 静岡大学ホームページはこちら

 お問い合わせ

Copyright © Shizuoka University, All rights reserved.